FC2ブログ

残念でした…?

フロントのページが変です。
何でみんな大きい文字になってしまうのか?

ところで、アクセス解析をちょこっとやってみたのですがこのページ、慢性膵炎ノートさんから来ている方多いみたいですね。

でもわたくし個人は最近膵炎的に面白いことないです。
血液検査でアミラーゼも正常値だし。
数日前まで資格の勉強をしていたこともあって、酒はそんなに飲んでません。


…1か月前に神戸で地酒を2本も買ったくせに?
いや、まだ1本しか開けてないです。


さて、私は食品会社で品質管理をしているのですが膵炎にはよろしくない某(酒じゃないよ!)の味見をしております。
膵炎のことは会社には言ってません。
前職を辞めたいきさつは話してありますが、症状を具体的に突っ込まれなかったのでこちらも答えなかったという。
それはさておき。
定期的に、味見の検査と称して劣化した大量の某を利き酒のように体内に流し込む時があります。
後から背中がちょっとだけ泣きます。
流し込んだ瞬間に泣いてくれれば仕事に大いに役立つんでしょうけどそんなノウハウ確立できないもんなあ。


劣化してなければ別に平気なんですけど。
それに、食品会社の品質管理がやってる味見は吐いてるから普段の摂取量はほどほどです。

健康状態27

精神科で血液検査をやったので内科医は血液検査やるって言ったけどうまいこと回避しようかな、の記事の続き。


結局、その頃は背中に違和感があったので検査しました。

アミラーゼ:基準内

総蛋白:基準より若干下
血糖:基準より若干上


えっ!

何故、何故そうなる…。
血糖については精神科の薬の影響?と思って内科医に精神科の処方を言ったけど
「それはないと思う。(ていうか種類多くない?)」
と言われた。
それよりも総蛋白が下がっていることの方が気になるらしい。

「来月も採血するから」
だそうだが
「今週健康診断がある」
と言ったら
「じゃーその結果持ってきて」
ということになった。

1回血液検査やると3000円飛ぶんだわ…。

やっぱり。

保険に入ろうの結末。

ダメでした。

告知内容がひっかかったようです。

健康状態26

先日、精神科で血液検査をしたのですが、結果は問題なし。

肝機能も膵機能も血糖値もオッケーでした。

ただ、検査から2週間の間にまた背中に違和感が出てくるようになったので内科で次回血液検査です。

精神科の結果見せて内科の血液検査回避しようかな。
どうしようかな。
リパーゼとかもやるなら内科で受けてみてもいいのかも。


どっちを取るか

膵炎になったということは、糖尿リスクも跳ね上がったということでして。


おくすり110番で今飲んでる薬を検索すると病気禁忌というページがあって、糖尿病をクリックするといきなり


~以下引用~

なかでも、ジプレキサとセロクエルは著しい血糖上昇をまねくおそれがあるため、糖尿病やその既往歴のある人は使用できません。

~引用ここまで~

はいっ、あの、膵炎の人は?????????
うおーーーーーーい。
今セロクエル飲んでますけどーーー。
ちなみにエビリファイも飲んでいる。
エビリファイは調子が良くなってきたので1回処方から外れたんだが、腕に大量の生傷作ってしまって1週間で復活してしまった…。

私は今のところ糖尿ではない。
しかし最近また背中に違和感があるんだよ。
けっこうヤバくないか??
どうなの???
思えば母も祖母も糖尿だ。あああ。

次回の診察、血液検査の結果も出ることだし、アミラーゼも項目に入れてもらったし、精神科医と話し合いだなこりゃ。

こころとからだ、どっちを取るか。

健康状態21

飲酒の話です。

最近内科の問診がたたかいになってきた(ような気がする)。

最近は毎回こんな感じだ。

「…酒、飲むの?」
「そんなに飲みません!!!」


禁酒を言い渡されるのも時間の問題なんだろうか。
30代前半で打ち止めだったら泣けてくるぞ。
残りの人生何を楽しみに生きたらいいんだろうか。

健康状態20

私は基本的に自炊です。

お弁当のおかずに、たまーに揚げ物を作ります。


1回め:ジャガイモ揚げる
2回め:鶏のから揚げ
3回め:鶏のから揚げ
4回目:たらとエビのフライ


ここまでは良かった。

ここまでは。


何も考えずに同じ油使用である。

油は古くなっていた。


5回め:たらとエビのフライ




食った直後、背中に若干の違和感が………!!!



油の鮮度のわかる体になりました。

とんかつ

理系の人々は次回は化学と決めてますが、数学と物理立て続けにアップしたら疲れた。
※このブログは基本的に数日分予約投稿してます。

某牛丼チェーンのとんかつ専門店が好きだ。
どこだかリンク貼りたいのはやまやまだけど、この話のオチが誤解されると迷惑かかるから止めとく。
先日久々に食べた。

数時間後、膵臓周辺が痛くなる。
その後、十二指腸のあたりを何かが通過してゆく感触があった。

とんかつはダメみたいです(涙)。


健康状態16

慢性膵炎ノートさんに症状として挙げられているひとつが下痢。
私はめったに下しません。
膵炎が発覚する前から今まで基本的に便は固いです。
食品会社勤務なので毎月検便があったので嫌でも便はよくよく見ますが、色やにおいに変化は特にないです。
たまに下すとどきっとするけど。

でも、今後どうなるかは不明かなー…。

保険に入りたい

医療保険の話です。
結論から言うと、却下されました。

保険を扱うお店で聞いたら、緩和型(掛け金が普通のものより高い)しかないとのこと。
更に、私は精神安定剤等飲んでいるのでアウトだそうです。

健康状態13

私が通っているのはとあるビルにある個人病院です。
当時の勤務先の経営者は言いました。

「個人病院?もっとでかい病院行けよ。セカンドオピニオンとか行ったら?」
と、気を使ってくれましたが、ひとりに2、3人分は仕事を振っておいて、そういうでかい病院の診察時間に休日取れないような組織にしたのはあんただろう
まあ、通ってる病院の処方で何とかなってますし。


仕事の話に入ります。
その後仮入社した、後任A氏は何と膵臓の研究をしていたと言う。

偶然から、セカンドオピニオンはA氏に決定。

引き継ぎほとんどせず

初対面お互いひと通りあいさつの後の会話。
「面接では体調不良で辞めるって聞いたけど、胃潰瘍か何か?」
「えーと、胃潰瘍と膵炎と(略)」
「ちょっと待て!!!!!!!」
「アミラーゼは320くらいでしたよ」
「そんなに!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
「鈍痛ってわけじゃないんですけど何ていうか」
「うんうん。膵炎はそうなの」

延々こんな感じ。
胃カメラの時に見たことを話すと、自律神経まで狂っていたことが発覚する。

A氏は最後、私に
「がんにだけはなるな」
と言いました。


どうやって?????

健康状態9

さて。

受診した内科で、血液検査をしたらアミラーゼが高かった。
胃の検査やったら傷だらけだった。

実は慢性膵炎とは言われてないし、食事の指導もされてない。

しかし、食生活は変わった。
何にでも塩をかけなくなったし、スナック菓子も買わなくなった。
酒は飲んでも焼酎のペットボトルは常備しなくなった。
胃下垂なので食べ放題はたまーに行ってたし、会社のメンツで女子会なんてやった時にはちょっとずつ余った食べ物を私がすべて平らげていたけどそれも今はムリ。
大食いやると膵臓が痛くなる。
そういえば、焼き肉行かなくなったしコーヒーも胃が痛くなるから減らした。

おかげで、体重は51kg(膵炎発覚時まで)→46kg(会社を退職した頃。2011.7)→44kg(現在。空腹時)。

それでも……それでも、アルコールだけは、アルコールだけは……完全に止められない

あーあ…。

内科受診編は取り敢えず終わり。

健康状態8

胃カメラの話つづきです。

今回、のどに麻酔がちゃんとかかってなかったかもしれん。
のどにチューブ入れるときが激痛で、初めて暴れそうになりました。

検査中はモニター見てました。楽しいですよ。
食道はきれいなもんでした。

が。

胃が映った瞬間、医者が
「こりゃ痛いわ」
とつぶやきましたね。
胃の中は血の海だった、ということはないが、表面は小さい傷口だらけ。
もちろん出血していて、一部胃液と反応してました。
胃酸がよく出ているのか何なのか、あちこちでしゅーしゅー泡だらけ。
ポリープも2こいるらしい。
十二指腸は普通だったが管開きっぱなし。
ついでにピロリ菌の検査も出してくれた……。
「あああ一万円飛んだなー…」
と、こんな時もおカネのことが脳裏をよぎります(生検がなければ6000円前後)。
組織を取るときだけモニターを見ないように指示される。
グロいのかな。
浅い潰瘍もあったそうで。

胃壁のえぐれた肉を修復するため可能な限り毎日注射。ネットで調べたのですが、注射は古典的らしいです。
1回510円…。
入院するより安いか。

処方はタガメット、ウルグートから、メサフィリン、セルベックス、パリエットに変更になりました。
ネット上で慢性膵炎の方の書き込みを見ると、フオイパンを処方されている方が多いようですが、私の場合は胃潰瘍の治療がメインなのでこのようになってます。
この処方になってから、薬の切れ目を意識しなくなり、だいぶラクになりました。

健康状態7

6月の初めです。

数回医者に行って背中の苦しみについていろいろ話し合ってるうちに
「やっぱり胃の検査するわ」
「いや、胃は痛くない」
「検査するから」
という流れになってしまった。
軽めの抵抗もムダだった。

しかし、胃はひとっつも痛くなかったんですよ。

医者の仮説は以下の通り。
ストレスか何かで胃酸過多

胃酸がすい臓にまで及んでいる

すい臓炎症、背中苦しい、血清アミラーゼ余裕で異常値

薬で胃酸抑制するか

消化し終わったあたりで苦しくなり、薬飲んだら落ち着く

……胃だろ。検査するわ


そーゆーわけで人生3度目(!)の胃カメラ。
検査前にいろいろ注射だの麻酔だの打たれて放置される。
その間ひとりだったんだが、置いてあったカルテの1ページめに
「慢性胃炎 慢性膵炎」
と書いてあるのを見てしまった。
あ、そうだったの…。


健康状態6

内科では初診時に採血され、翌々日血液検査の結果を聞きに行きました。

医者は
「あのねえ……アミラーゼが高い。他は何ともない」
と言います。
基準値37~125U/Lのところ、この時は323U/L

証拠画像。向きがおかしくてごめんなさい。
amy



そういうわけで、どうも、膵臓やられたらしい。
ありゃ。そうなの??
精神的なものだと最後まで信じて疑わなかったよ私は。
「高いけど、がんってほどでもないよ」
いきなりがんですか…!!
けれど、CRPは0に等しいので炎症はないとか。
膵炎とは言われなかった。
酒飲んでばかりだったので肝機能が何ともなかったのが意外。
それにしても説明がもう、大学受験を思い出す。
「アミラーゼ……って何の酵素でしたっけ??」
って言う私も私だ。
そしてもらった検査結果を見て
「検出限界って何だっけ。…???」
と本気で思う私は本当に分析化学をかじったんだろうか。

この時の医者の仮説は
・消化した頃に苦しくなってくるので、胃酸の出過ぎで胃の裏のすい臓がやられているのでは?
・それで背中も痛くなっているのでは??
とのこと。
胃は痛くないけど処方されたのは胃の薬。
けっこうラクになったけど、効きが切れると背中に違和感はあって、会社で誰もいないとよく叫んでました。

あはは。

薬で楽になれるなら、しばらくぽりぽりかじりながら生きてみましょう。
今の会社はきついけど、みんな良くしてくれるから。

と、当時は思ってましたが、1週間悩んで、末日に会社側に退職の意思を伝えたのでした。



つづく。
プロフィール

natsumi30

Author:natsumi30
38歳酒飲み女の世界へいらっしゃい。
慢性膵炎ネタは下のカテゴリからどうぞ。

今ははてなでやってます。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
管理人用
RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
38245位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7122位
アクセスランキングを見る>>