FC2ブログ

仕事探し

とある派遣会社に良い求人があったので、応募。
待てど暮らせど連絡がこない。

電話連絡は来たのだが、
「他の人で話を進めている」
とか。
そうですか。
よくある話なので気にしない。
しかし、捨てる神あれば拾う神もいる…かもしれない。
担当者はそのまま
「これとは別にご紹介したいお仕事があります」
と続けたのだ。
しかも紹介予定派遣!
断る理由はない。

数日後。
「ここから先は当社独自の研修を受けて頂きます」
だとか何とか連絡が来た。

えっ!
就業先も決まってないのに研修???
ふへっ。
スポンサーサイト



実家に帰る1

というわけで、ついに実家に帰ってきた。
横浜最後の夜は桜木町のニューオータニに泊まった。
お高いけど景色めちゃくちゃよかったです。
夜は野毛で飲んでました。

さて。
翌日は12時チェックアウトだけど、朝食の後はさっさと実家へ向かう。
10時にホテルを出たけど役所に着いたのは12時半。
遠いですね。
住民票と自立支援の手続きしたら1時間過ぎてた。
庁舎内はゆるキャラが凄かったです…。
住民票にまでゆるキャラいるんだもん。

実家に帰ってしばらくしたら引っ越し業者がやってきた。
荷物は母の部屋に置いてあって、早くも文句しか言われません。

お引っ越し6

退去は無事に…終わらなかった。
まず、入居当初はインターネットは光回線だったのだが、このケーブル撤去してと。
光回線を解約したのは4、5年前だった…と思う。もう全然覚えてない。

そして修繕費。
キッチンのクロス張替は大家と折半。
キッチンの床(木のフローリング)をだいぶ汚してしまったので、これはどうなるか恐怖。
他にも汚してしまった箇所があるので
「全面張替を覚悟してます」
と言ったら
「全面張替は費用が半端じゃない」
そうです。

い、いくらすんの?????????


おおざっぱなものでいいから金額聞いておけばよかったな。
この不動産業者、立地的に学生の客が相当数いると思われるのだが、そういう感覚なんだろうか。
実家がじゅうたんからフローリングにしたことがあったので親にも訊いてみたのだが、そんなにはしないだろうとのこと。
親には
「普段から良心的だったなら、もう納得して受け入れろ」
とまで言われた。

取り敢えず、計算書が来るのを待ちます。
怖いなあ。

6年

結局横浜には6年住んだ。
払った家賃は400万円。
いったい私のどこにそんなカネがあったというのか。
27歳だったのが33歳になり、身体も心も病んだ。

アパートの隣は一軒家。
そこの子をたまに見るのだが、よちよち歩いてたはずが、いつの間にか小学生になっていた。

お引っ越し5

横浜最後の日。

8時
ちょうど燃やすごみの日なのでごみをすべて捨てる。
9時
ガス業者が来て閉栓手続きをする。
10時
配送業者が洗濯機持って行く。
これは弟に譲る。
11時
箱が足らんのでホームセンターに行く。
12時
荷造り完了。
13時
引っ越し業者が来る。搬出完了。
昼食。
14時
そうじ。
15時
今ここ。
そうじ9割終わった。
不動産屋が退去手続きに来るのは18時。
もうすることがない。
ひま。

せっかくだから住んでた部屋の画像晒しておき…え?スマホからもアップできないの?
うーん。

あかちゃん

友人が出産したので生後3週間の時に実家にお邪魔しました。

私は前日におもちゃ屋さんで揉むとガサガサ音の出るおもちゃを買いました。
あかちゃんはビニール袋等、ガサガサ音の出るものが大好きらしいです。
お腹の中の音と似てるんですって。

しかし、私も友人もこの話をあまり信じてなかった。
やったことがないからね。
「試しに」と使ってみたらあかちゃんの目つきが変わった。
だんだん目がとろんとして眠りの世界に入ろうとしていたので止めたらカッと目を見開いた。
私はおもちゃをずっと揉むことになったのでした。



ごきぶり2

ごきぶり1はこちら

私の部屋にはクローゼットがあるのですが、書類とか家電の箱とかあまり使わないものはここに何でも放り込んでました。
部屋を出るにあたって、ここも掃除しなくてはならん。

ごきぶりの死骸が2こ出てきた。
クローゼットの隅っこにはまぐわった形跡があった。
ここのとこ、詳しくは述べない。

そうか、飼い主(もちろん私。飼った覚えもないが…)なんて彼氏いない歴10年だがひとつ屋根の下でキミらはまぐわってたか。
まあいいけど。
生きてるわけでもなし、もうすぐこの部屋出て行くし。

産婦人科

このネタは手を出すまいと思ってたけど、1回だけやる。

私が初めて産婦人科に行ったのは27くらいの時です。
生理痛がとにかくひどくて、鎮痛剤は絶対に必要。
市販の鎮痛剤だと「我慢できる痛さ」になる。
容量なんか守ってられるか!!!
効く頃には副作用も半端じゃなかった。

こんなんなので、ロキソニンあたり処方してもらおうと思って婦人科に行ったのでした。
問診ひと通り終わったら
「じゃあ検査ね」
と言われてその場で検査。
病気はなかった。

医者いわく、生理が来る頃には痛みの物質が出来上がっているので不順がなければ来る3日前から薬飲め、と。
よく、「来て痛くなりそうならすぐ飲め」と言いますが、私の場合それじゃ遅かったんですね。
私は不順は一切なくて、基礎体温付けてなくても次に来る日を当てられることが多いです。

そういうわけで、医者の言う通り鎮痛剤を飲んだら全然痛くない。
市販の薬でもちゃんと効く。
マジで感動しました。
痛くないってだけで超ラク。本当にラク。
今は鎮痛剤飲まないことの方が多くなりました。

この話はあくまでも筆者の話なので、生理に関して何かある人は病院行きましょう。

健康状態88

某抗うつ剤止めたら頭の中がすっきりしました。
最初に処方される時に
「この薬は眠くなる」
とは言われてたが眠いというより今思えば思考回路が鈍化した感じ。
止めたばかりの頃は
「次にうつの波が来たら死ぬんだきっと」
「私はいつか自殺する」
とか思ってましたけど。
だから、この薬も私には必要なものだったとは言える。

しかし、今は止めた方のメリットが大きい気がする。
睡眠時間も減ったしね。
休職中は昼夜逆転しまくってたんでいったいどうなることやらと思ってましたが、症状が落ち着くと生活も落ち着いてくるんですね。
なるほど。

お引っ越し4

家具等の搬出日も、アパートの退去日も決まった。

というわけで、光熱費関係を止める手続きに入りたいのだけど。

【電気】
東京電力のHPから手続き。
無事終了。

【ガス】
プロパンなのだが、業者のHPはないので電話する。
退去日に来るそうです。
入居時に預かり金1万円払ってるので、その場でガス代を清算して残りは返してくれるそうです。
えー、入居時にそんなおカネ払ってたっけか?

【水道】
横浜市水道局のHPから申し込めるので、名前を入力した。

使えない漢字があるので代替文字にして下さい

だそうです。

名字は珍名だし、漢字も常用外なのは認めるがそれはないだろう。
代替文字なんてねーよ。
参った。
電話したらあっさり終了。

英会話

山手にふらふら行き、港の見える丘公園であかいくつというバスを拾う。

そこに乗っていたのが日本人夫婦と外国人夫婦。
知り合いではないらしいが、日本人は英語ができるらしく、どういうわけか夫がバス内からの風景(みなとみらい)の案内を始める。

話の内容は何となくわかった。
外国人夫婦はNYから来ているらしい。
沖縄、鹿児島、大阪、京都、名古屋、新潟と回っているようだ。
……豪華だなあ。
庁舎はホテルのようだと言っていた。


普段英語の読み書きできないけど、早くなく、簡単な内容だったら聞き取れなくはないのね…。
でもしゃべれないよなあ。
とか、話を振られてもないのに思ったのでした。

今まで逃げてたけどちゃんと勉強しないといかんのかな、やっぱり。

横浜を去る前に、母が部屋に来た。
数年ぶりです。

「このうち、こんなに狭かったっけ?」

……まあ、1Kだからね。

「何年いるんだっけ」
「6年」
「そんなに????」


振り返ったら、早かったなあ。

せっかくなので、夕飯をふるまってみました。
ただし、凝ったものは作らない。
そんなもの作ったら実家で作れって言われるに決まってる。

近くだけど

横浜に住んで6年。もう去る。

近いのでいつでも行けると思って今の今まで行かなかったところに行くことにした。

ズーラシア
割と近くなのに行ったことがなかった。
広くていろんな動物がいて、カラフルなのもいて、楽しかった。
一目で好きになったのはアカアシドゥクラングールというサルです。
足が茶色くて、腕が白くて、カラフルです。
私はどうも、原色の動物が好きなようです。
鮮やかな鳥しか覚えてない…。

【山手】
坂を歩いて行くのはつらい…ので今まで行かなかった。
洋館はどれも素敵だった。
昼食は山手十番館。おいしゅうございました。
それにしても…お金持ちの家しかなかった。
クルマももちろん高級車。
家のデザインが超凝っているお宅ばかり。見ていて非常に楽しい。

八景島シーパラダイス
アトラクションと水族館両方のチケット買おうと思って行ったのだけど、悪天候でアトラクションは中止になっているものもあったので、水族館のみにした。
うみファームの釣りは楽しかった。
釣った魚(あじ釣った)は揚げてくれるのだけど、これは非常にうまかった。
1匹しか釣らなかっただけど、揚げたら小さくなっちゃうから3匹くらい釣ればよかった。

山椒

いつの頃からか、実家では春は山椒の季節だということになっていたのでした。

父は自分が借りている畑で大量に山椒を作って枝ごと収穫してきます。
他の人間が葉をむしります。
そして、父は台所を占領してせっせと佃煮をこしらえるのです。
酒としょうゆでひたすら煮ます。
山椒は香りが強烈すぎます。
夜道を歩いていると3軒先から臭ってきます。
あれは絶対近所迷惑じゃないかと毎年思う。

大量に作られた佃煮はパックされて父の知人たちに渡って行きます。

私は今、それをさかなに酒飲んでます。

クルマの話

今ネット見てたら
「運転免許取るならMTかATか」
というのがありました。

私はMTで免許取ってます。
親がAT限定は許してくれなかったのです。
MTじゃなかったらカネ出さん!と言われてMTとATの違いなんて何も知らずに取ったのです。

初代マイカーはMT。
2代めマイカーもMT。
3代めもMT。でも4速なのが超不満だったけど…。

3台合わせて10年くらい。
横浜来た時に手放してからはペーパードライバーになりました。
次に買うことはないと思ってましたが、クルマは1人1台って地域に帰ることだし、また運転ですね。
ついにATなのかな…。

ちょっとさみしい。

おかし

おかしで感動したことが2回ほどある。

1.横浜中華街の桃まんじゅう
これは横浜市内の親戚の家に遊びに行った時に頂いた。
まだ子供だったのだが
「こんな食べ物があるんだ」
と感動。
その日は親と中華街に行ったので、お土産にもちろんねだりました。

久々に中華街行くか。

2.大阪の何て言うの?とにかくおだんご。
商品名がわからん…。
みたらしだんごで中身の方がたれになってるあれ。
最近ではコンビニでも売っているが…。
これは大学時代先輩から頂いた。
社会に出て数年後、関西行った際実家に買って行ったところ両親は
「こんなうまいものがあるのか。初めて知った」
と言って奪い合い。
私が仕事に行っている間にほとんど食われた。

ついてゆくだけ

横浜に来て6年。もうすぐ去るけど。
その間、母は何度となく横浜に遊びに来た
しかし母は私にただくっ付いて行くだけなので横浜駅の構造を理解しているのかすらかなり怪しい。
JRの改札から高島屋は行けるかもしれないけどそごうは行けないかもしれない。
母はJRで横浜まで来るのだが、そこから相鉄線に乗って私の自宅に来ることができるかも怪しい。
本人も
「なつみにくっ付いて行くだけだから横浜いろいろ行ったけど全然わかんない」
と言っている。

お引っ越し3

段ボール箱は父が車で来てある程度引き取ってくれることになった。
詰んでみないとどのくらい詰めるかわかんないけど。

洗濯機は東京に住む弟にただで譲る。
彼は10年近くひとり暮らししているのに洗濯機を持ってなかった…!
タブレット端末とか持ってるのに、何で洗濯機買わなかったんだ弟よ。

冷蔵庫とシングルベッドは実家に送る。
どこに置くんだよ、と親は言っている。特にベッド。
これに対して私は
「次の仕事が決まったら出ていく」
と言い張ってます。

ところで、部屋を片付けていたら、トイレットペーパーが42ロールも出てきました…。
12ロール入り1個と18ロール入り1個があると思っていたのですが、クローゼットの奥に12ロール入りが更に1個あったんですね。
震災の時に唯一入手できなかったのがこれでした。
この時は勤め先のパートさんに融通していただいたのだが、この反省からか?トイレットペーパーだけは買いだめしていたのでした。
よほど堪えたんでしょうな。
他のものは一切常備してません。

おかねをそだてましょう32

松屋フーズ、売ります。
系列の松乃家っていうとんかつ屋が好きで、優待で行ってたのだけど、店舗が少ない
この度横浜のアパートを引き払うことになったけど、実家周辺に店舗はない。
松屋フーズさんには悪いけど、牛めしの方には一切興味がない。

従って、持ってる意味はなくなった。
そういうわけで、売ります。

…しかし、優待の権利月って3月なのな。
ということは今年の優待券発送されるんだよなあ。
どうしよ。

というわけで、手持ちの銘柄は
・スタジオアリス
・スターバックス
・リンガーハット(これは端株)
ということになりました。

スタジオアリスはいとこの孫(現在2歳)が小学校に上がるまで持ちます。

家で飲む

横浜の家を片付けるついでに、親しい人を呼んで飲み会しましょう。
呼ぶのひとりだけだけど。
もちろん同性です。

メニュー考えるか。
まずはいかのしおから。
玉子焼き。
溶き卵にだしの素と塩入れて焼く。手抜き。うまいよ。
そして大根のサラダ。
大根と、水菜は入れよう。
他は何を入れようかな。
わかめとかでもいいんだけど、引っ越すのに余計な食材は買いたくないのでここはシンプルにいくか。
上からしらすでもまぶしておくか。
次は油ものいってみよう。
フライドポテトと唐揚げ。
たらのフライとか作ってもいいけど手間かかるよなあ。
余った大根とじゃがいもとたまごをメインにおでんを作る。
……これが主食。
つみれとか作ってみたいけど、すり鉢ないものな。必要だよねやっぱ。
最後はデザート。アイス。

しおからとおでんは前日までに仕込めるのがいいですね。
アイスは手作りにしようかなどうしようかな。

お引っ越し2

まず手始めに、冬物の服と本から整理することにする。

本は仕事と洋裁の本で必要最低限しか持ってなかったはずなんですが。
段ボール箱3箱になってしまった…。
本は重いので小さめの箱に入れてもずっしりするのな。
しかも、英検3級の問題集とか出てくる(3級かよwという突っ込みありそうだな…)。
いつ買ったんだ??
問題集は7日間完成とあるんだが、2日で放棄したらしい。
3日めをやってみたがぼろぼろ。
高校時代まで英語得意だったんだけどなあ。
やっぱり教科書丸暗記で乗り越えてきたのはよろしくなかったよねえ。

文章問題はこんな感じだった。
英語教師AとBは京都と大阪に住んでいる。
ふたりとも外国人(出身地不明)。
何か食べに神戸に行った。
ひとりはカネ持ってない。ひとりはベジタリアンだ。
そして問題文。

ここで突っ込み。
めんどくせえええ。
神戸に何か食べるためだけに行ったのか?
ポートタワーとか海にも行けばいいのに。
食うだけなら京都か大阪でもいいんじゃないの?
間を取って高槻とか茨木あたりでもいいんじゃないか?
(すいません私が青春18きっぷユーザーなのでJRの新快速が基準です)
だってカネないんでしょ?

そういう感じで、引っ越しの荷造りから脱線しまくっております。

読書

ここ数年、小説の類を全く読んでない。

高校時代は何読んでたんだっけな…。
図書館にはよく行ってたけど、もう思い出せない。

大学時代はよく中島らもを読んでた。
明るい悩み相談室はおもしろいですよ。
あ、山本文緒の短編も読んでたか。
嶽本野ばらも読んでたな…。

社会に出てからは清水義範に一時期はまった。
初期のパスティーシュが好きです。
ただし、短編なんかは読んでいて吹き出してしまうので電車の中で読まない方がいいと思う。
図書館でその隣くらいに会ったのが新堂冬樹。
彼の作品は内容によって白とか黒とか割れますが、私が読んだのは黒のみ。

うーん、無意識なのかもしれないけど、恋愛ものは避けてるなあ。

いか

私はいかが捌ける。
母が唯一捌けるのがいか。だから教わったのもいかだけ。
あじもネットでやり方見ながらやってみたことはある。

さて、いか。
たまーーーーーーーーーに捌く。
近所のスーパーは常に置いてない。
夏はキッチンがいかのにおいで凄まじくなるのでやらん。

いかは刺身かしおからにする。
刺身はかなりの確率でいか納豆になる。
たまに、はらわたが小さいとかまずくて泣きそうになる。
私はいかが好きなので、捌きながら刺身をつまみ食い。
味付けははらわたに塩をまぶしておわり。
2日漬ける。
しかしその前に食ってしまうこともけっこうある。待ちきれん。

前の会社の人を呼んで宅飲みをした時に出したら好評だったので、お誕生日のプレゼントにもしてみた。
これも好評で、仕事の間にご家族が全部食っちゃったそうだ。

無職のGW

GWは求人も出ていないので、遊ぶことにした。
横浜生活も残り少ないしね。

・江の島
・山下公園
・箱根
・飲み会
・ズーラシア
・羽田空港

行ったのはこんな感じ。
ズーラシア以外は行ったことあるけど、近くに住んでるうちにもう1回行っておけと思った。
別に再発見とかないです。
私は横浜駅からバスで羽田空港へ行く時の、ベイブリッジからの眺めが凄く好きなんだけど、これで見納めですね。
あとは八景島シーパラダイス行ったら気が済むかな。

横浜地獄

この話…ほとんどの人はピンとこないと思うがまあいいや。

小学校3年の時に横浜に住むいとこが結婚したのでした。
場所は中華街のあたり。
その日は戸塚区内の親戚の家に泊めてもらうことになっていた。
親戚の運転する車の後ろにくっ付いて行けばいいのである。

しかしだ、式場を出て間もなく母が
「忘れ物した」
と。

ここから地獄である。

うちの父は横浜は全く詳しくなかった。
結論から言ってしまうと、中華街から戸塚に行くのに6時間かかったのだった。
普通に行ったら恐らく数十分くらいなんじゃないか。

私が横浜に移動するに当たり、母は
「あの時『生麦』ってところをぐるぐる走ってた」
らしい。

全然違うじゃんか!!!!
それは着かないわ…。
関東から西日本に行きたいのに東北行っちゃったようなもんだ。たぶん。

15時に式場を出たのに親戚宅に着いたのは21時過ぎ。
これ以降、なつみ一家ではしばらくの間横浜は恐怖の土地と化したのだった。

私は横浜に来て6年になるが、広すぎて自分の住んでる周辺と横浜駅周辺くらいしかわからん。マジで。

お引っ越し

そういうわけで引っ越し。
引っ越し業者の見積もりから。
いちどに10社見積もりできるとかいうサイトから見積もり請求してみた。

メールが10通来た。

その後、詳しい話をするだとかで3社くらいから電話が来て、疲れた。

横浜にいる意味はないかもしれない

仕事が見つからない。
私にできる求人は今横浜にない。
地方ばかりだ。

こうなってくると横浜にいる意味はないのかもしれない。
貯金も切り崩している状態だし。

というわけで、アパート引き払うことにしました。
あと1か月、遊び倒してやる。

…・・・今年34になります。

精神科でのこと。

「就活はしてます?」
「してます」
「じゃあ面接とか行ってるんだ」
「そこまで行けません」
「あー書類で落ちるのね。何でだろ」
「転職しすぎなんです」
「まだ若いのにねえ」
「…30過ぎてますからねえ」
「30過ぎてたの」
「え」
「20代じゃなかったの」

また年齢より下に見られた……。

香典+α

父と母は、育った土地が違う。

数年前、母方の祖母が亡くなったら、父方の本家から香典が来た。
4万円包んであった。

内訳
香典:1万円
母へ:3万円

母は言った。
「おとうさん、何これ私に3万円って」
父は言った。
「香典は1万円。この3万はお前にだ」
母は言った。
「4万が香典じゃないの」
父は答えた。
「1万円が香典だ。3万はお前にだ」

エンドレス。

どうも、父の地域なのか家系なのかはわからんが、身内が亡くなったら「葬式とかお疲れ様でした」的な意味で香典とは別に金を包む……らしい。
しかも、父いわく「親は特別だから」とかで多めなんだそうだ。
これに対して母は「親は特別…みんな平等じゃないの?」と言っていたが。

父の解説聞いてもわけがわかりません。
私も母も母方の親戚の人も頭の周りに「?」が大量に湧いたが、母はわけわからんままそのお金を受け取っていた。

サイレントお祈りはやめてくれ

本題の前に、お祈り。サイレントお祈り。

3月に面接に行ったのだけど。
返事が来ない。
問い合わせない私も私なのだけど、連絡するって言ったんだから連絡はしてくれ頼むから。

某派遣会社の求人検索結果を見たら、明らかにそこの会社の案件が載ってた。

これは不採用確定。
連絡寄こせ。
プロフィール

natsumi30

Author:natsumi30
38歳酒飲み女の世界へいらっしゃい。
慢性膵炎ネタは下のカテゴリからどうぞ。

今ははてなでやってます。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
管理人用
RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
38245位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7122位
アクセスランキングを見る>>